Takaのアメリカ留学日記

2019年8月からアトランタに交換留学。アメリカ生活・社会学で学んだことから「自分らしく」生きることについて気ままに書いています。

白人が黒人に?人種の壁は越えられるのか?

毎週火曜日開催の"Coffee Talk"なつイベントに初めて参加してきた。

その名の通り、コーヒー片手にみんなで話をするイベント。

f:id:tgsu826:20200212073539j:plain

この内容が個人的にめちゃくちゃ面白かったので

今日はそのことについて!

トピックは大きく3つ!

 

 

◎アリアナグランデ、ありがとう?この野郎?

アリアナグランデが親日家であること/あったことをご存じでしょうか?

2014年には日本に4回も訪問していたり、Twittierで日本語を勉強していることを公開したり、日本への愛を示してくれいました。

 

「7 Rings」というアルバムでは日本のモノが沢山登場し、

それにちなんだ「七輪指」というタトゥーをしたことも有名です。

 https://www.youtube.com/watch?v=QYh6mYIJG2Y 

 

 

ただ、これが議論の的に

これは「文化の評価(Culture Appriciation)」ではなく「文化の盗用(Culture Appropriation)」じゃないのか?と。

 

個人的には「文化の評価」で嬉しいことだと思いますが、

この議論でアリアナグランデは日本語を辞めることをTwitterに表明してしまいました。

 

みなさんはどう捉えますか?

 

もう1つの例で挙げられたのが、

お騒がせセレブのキムカーダシアン。

彼女はアフリカンアメリカンの文化の3つ編みを真似して、

さらにそれに独自の名前「Bo Derek Braids」を付けたとか。

 

これには"Coffee Talk"に参加していたアフリカンアメリカンの女性が

人種の階級として、これは白人の特権でやっているから

私たちのものを取られた気分だと発言していました。

◎人種のサラダボウルは混ざってない

アリアナグランデの話では、発信者側の思慮ある行動を前提としても、

人によっては嫌がる人もいる、だからこの2つの境目を見つけるのは

難しいと僕が発言をすると、

 

司会者が「人によっては」という所で人種のサラダボウルの話を取り上げました。

 

というのも、アメリカでは新しく生まれるジェンダーや移民に対して、若い人ほど寛容で、歳を重ねるほど寛容ではなくなる。

 

アメリカは人種のサラダボウルとは言われるけど、実際はそれがゆっくりで、

あまり混ざっていないとじゃないのかと。

 

つまり、サラダも上の部分は簡単に混ざるけど、底の部分って混ざりづらい、

若い人は多様性を受け入れているけど、歳を重ねた人は受け入れづらいと。

 

これは個人的に面白い表現で

 

外から見ると、アメリカは「人種のサラダボウル」と呼ばれ、

色んな文化が混ざっているという理解だったのに

中から見ると、そんな風には捉えないという、意見もあるんだと。

 

◎人種の壁を超える人

そして、最後のトピックが

白人で生まれて、黒人になった人達。

 

1人は女性で、白人で生まれ、アフリカンアメリカンへの興味から容姿を黒人のように変え、アフリカンアメリカンの研究をしている教授。

 

彼女のセルフアイデンティは黒人。

 

もう1人は男性で、白人で生まれ、生まれ育った環境が黒人コミュニティ、奥さんは黒人というミュージシャン。

 

彼のセルフアイデンティティも黒人。

 

これをどう捉えますか?

 

こっからは完璧な僕の考え・気持ちです(笑

・僕の考え「人種の壁を越えればカオス」

 

これは正直面くらいました。(笑

 

人種って生物学的に変化するものではないという理解だったから

白人のイケメンになりたくても、僕は白人にはなれない。

というのは当たり前の感覚でした。

 

それがOKになるんだとしたら、

もはやどうなるんでしょうか?

 

調査をする時に、僕はアジア人だけど、人種のカテゴリーは白人でとか。

それがダメなら、アジア系白人を作るべきなのか。

 

個人のレベルでのセルフアイデンティティは問題はないと思うけど、

それが社会のレベルになると、その社会の秩序は保たれるのか疑問です。

 

日本は「男女」「日本人とその他」の二元論の考えが強い一方で

アメリカは個人が尊重されていていいなと思っていたけど

 

ここまで(人種の壁を越えた人達がメディアで取り上げられるほどに)個人が尊重されすぎると、今度は社会の秩序を保つのが難しくなるんじゃないか。

 

日本も行き過ぎたけど、アメリカも行き過ぎている

この個人と社会のバランスが重要だなと思いました。

 

・未知の世界

そして、人種に関して面食らったものの、専門のセクシュアリティジェンダーも含め

人間のアイデンティティにおける無限の広がりに

 

脳科学や宇宙のような、まだまだ未知という感覚を最近抱いています(笑

ロマンスというよりかは、どうなるんだろうという疑問と好奇心。

 

今回の話について、何か皆さんの考えがあれば聞いてみたいので

良ければコメントをお願いします~