Takaのアメリカ留学日記

2019年8月からアトランタに交換留学中。留学生活について気ままに書いていきます。

表現の国アメリカで学んだ5つの価値観!

初めて半年以上日本を離れて海外生活をしていると

ライフスタイルや日頃の会話の中から

日本と違うな~、これはアメリカっぽいなと思うことが多々あります。

 

そんな気づきをアメリカで学んだ5つの価値観として紹介していきます!

f:id:tgsu826:20200120074755j:plain

◎表現力の豊かさ

題名にもあるんですが、本当にアメリカ人は自分自身を表現するのが上手!

 

大学の授業でも、みんな自分の意見や考えを持っていて、先生の話している最中でも

手を挙げて発言をしますし、

昨日行ったコカ・コーラミュージアムでもマイク片手に5分も10分も独りでに観客を沸かせていたのは流石でした。

 

自分が1番最初に表現が上手だなと感じたのは、

秋セメスターに取ったスピーチクラス。

最初のスピーチは5分間の自己紹介スピーチだったんですが、

 

私は音楽が好き!シャワーに入ったらいつでも歌うの!

 

と身振り手振りを使って、堂々とみんな5分以上自分を表現していました。

 

僕の場合、こういうのは凄いことしか言えないのかな。なんて思っていたんですが

音楽でもスポーツでも自分の好きをありったけ表現している姿に留学初っ端感動したのを今でも覚えています。

 

自分の好きをそれだけ表現できるのは、日頃から自分の好き・嫌いの感情に向き合っているからだなと思います。社会の好きじゃなくて、自分の好きを。

 

◎コミュニケーションの大切さ

アメリカではコミュニケーションが本当に多い!

なぜかというと、知らない人と異常に会話するから(笑

 

この前、服を買いに行った時

「どこから来たの?」と声をかけられ

「日本だよ。」と言うと

「えっ!嬉しい!日本の面白い話していい??」

 

と日本の面白話が始まりました。(笑 

 

この前乗ったウーバーでも

運転手と話をしていると

「将来何がしたいの?」

「友達の日本人いるから電話しよや!」

とディープな話が始まったり、ドライバーの知り合いの日本人と音声通話が始まりました(笑

 

社交の場に行っても、

僕はどうしても会話の前に少し相手を探る時間があるんですが、アメリカ人は目が合えば笑顔ですぐさまを声をかけて、自己紹介をしてくれます。

そして質問を投げかけて、自分のことを知ろうとしてくれます。

 

こんな感じで

全く知らない人とでも何気なく会話をするだけで

ハッピーな気分になれるんだなと感じます。

 

◎心が広い

これは自分自身が1番身に着けたいことなんですが、アメリカ人はとにかく心が広い。

 

この前ラスベガスでカジノをした時、

ルーレットを家族と遊んでいました。

するとそこに、20歳ぐらいの男性3人がやってきて、1万円を赤黒の2分の1にかけて一瞬で1万円を溶かしていました。

 

そんな彼らは悔しがるそぶりもなく、大笑い。

ちびちび賭ける自分とは大違い(笑

 

他にも、アメリカでは次の人のためにドアを開けておくのは当たり前。

満員電車で我先に入っていく日本の通勤ラッシュを思い出すと

時間に追われていない感じは個人的に凄く好きです(笑

 

広大な大地にあるアメリカだからこそ、この心の広さは養われるのかな。

 

◎家族を大切にする

アメリカでは家族が凄く大切に扱われているなと感じます。

 

特にそう感じるのは、Thanksgivingやクリスマスの祝日。

この日になると、アメリカ人の友達はみんな家族の元に帰って、家族と時間を過ごします。

 

日本もお盆は家族で過ごしたりますが、国民的に家族のための日という理解の祝日ってないなと思います。

 

そして、公共のトイレに「Men」「Women」「Family」の3つがあります。

これを見た時びっくりしたんですが、

ショッピングモールでも、野球場でも

ファミリーのことを考慮したトイレがあるのも、家族を大切にしているなと感じます。

 

◎自分の人生を生きている

アメリカは移民の国だからこそ、横を見れば自分と容姿も国籍も違う人がいるのが

当たり前。

だから、自分が何者なのか。を自然に考えることになります。

 

そして、社会的階層も文化もみんな違うからこそ、色んな生き方や考え方があって

自分自身は何になりたいのか。何がしたいのか。をそれぞれが考えて

それぞれの人生を生きているように見えます。

 

日本はほとんどが日本人で、周りを意識すぎて、時として誰かの人生を生きているように感じることもあります。

 

それを大学1・2年時に感じていた自分だからこそ、こうやって自分の好きや嫌いをしっかりと理解して、自分自身がどうなりたいのか、どうすべきなのかを自分で考え

生きている姿は、こうありたいと改めて感じさせてくれるものでした。