Takaのアメリカ留学日記

2019年8月からアトランタに交換留学。アメリカ生活・社会学で学んだことから「自分らしく」生きることについて気ままに書いています。

たった半年のアメリカ留学で価値観はどう変わったのか大公開!

今回は前回の半年の留学での自分自身の変化、「価値観」編です!

英語編も是非チェックしてください!

 

www.takatlanta.com

 

 

 

◎価値観を広げるとは?

日本の大学に申請書を出す時、留学の目的の1つに「自分自身の価値観を広げる」というのを書きました。これは多くの人にとっても目的の1つなのではないでしょうか?

 

ただ留学に行く前は、正直どんな風に価値観が変わるのかわからない

 

だってどんな経験をするかわからないし、どこに行くか・誰と過ごすかで得られる

価値観や考えは無限大だからです。

 

友達が経験したことや触れた価値観と同じものを経験できるとは限らない

だからこそ、自分自身で色んなものに触れて色々な考え方を出来れば、例え1カ月の語学留学でも自分だけのより実りある留学になると思います。

 

今回は、僕自身がアメリカ留学半年で得た価値観をお伝えすることで、これから留学に行く方に、イメージを膨らませてもらえたらと思います!

 

◎その1 年を気にしなくなった

先週、NBA(プロのバスケットボール)を見に行きました。

そこで、新しく韓国人の友達が出来て、色々お互いの話をしていると、年齢を聞かれ弾たんです。

 

友達:大学何年生なの?

自分:4年生

友達:何歳?

自分:あれ?俺何歳?22歳?23歳?

 

そう自分の年齢を忘れていました(笑

理由は確実に年齢を意識しなくなったからです。

アメリカでは年齢を言う機会もなければ、英語に敬語がないので、自分の年齢から相手との関係を推し量ることもありません。

 

日本の最初は年齢がわからないので、敬語で話して

後々「あっ、同い年なんだ。じゃあタメで」なんてことはありません。

 

自分の友達には4、5歳上だったいるし、3歳下の友達だっています。

20歳以上年上の教授とご飯に行くこともあります。

でも、話をする時は全員"you"です。

 

さらに言えば、初対面の人と話す時は、年齢はほぼ聞きません。

だいたい学年を聞きますし、人種もバラバラなので、顔で歳を推測することも結構難しいです。

 

なので、年齢を口にすることもなければ、年齢を意識することもないんです。

人間関係が対等で、1人の人間として扱われます。

 

ちなみに、僕はこの感覚が凄い好きです。

 

これは日本文化と大きく違う所で、アメリカで過ごしたことで

自分の年齢を忘れる程、英語・アメリカ文化の影響を受けたんだなと実感しました。

 

◎その2 心が広くなった

留学に来た時の自分と、今の自分は物事を受け入れられるキャパシティが圧倒的に広くなったと自信を持って言えます!

 

というよりも、かなり昔が敏感だったのかな?(笑

 

正直、2,3週間の海外生活はオランダやインド、ルワンダでも経験しているので慣れているし、ストレス耐性がある方だと思っていました。

 

しかし、実際アメリカでルームメイトと生活すると、洗い物は3日間放置だし、朝4時に大音量のクラブミュージックを流して帰ってくるし、英語で上手く伝えられないしで

ストレスだらけの環境にキャパオーバーになりました。

 

授業や就活等、全てのストレスが一緒に来た時期でもあったので

人生で初めて発狂した程です。

 

20年一緒に暮らしているお陰で、全てが当たり前ではない実家ではなく、

違う文化を持つ初めましてのルームメイトと思い通りになることなんてない生活で

頑張って会話をして、部屋のことを話したり、自分の考えを伝えたり、相手の文化を尊重する中で

 

まぁ、そんな大したことないじゃん。

 

と大抵のことが思えるようになりました。

家(寮)は心身ともに休める場所なので、ここにストレスがあると本当にしんどいです。そこが上手く回っていると、本当に気が楽。

 

留学の寮では、たとえ近くの韓国や中国の学生でも文化は違います。

僕みたいに日本とイギリスのように文化が違うければ違うほど、思い通りにならないことが増えます。

 

そこで、別に大したことないし、みんなのお皿洗っとこう(昔はなんで人のやつ洗わなあかんねん)、ゴミは毎日捨てに行こう(昔はなんで俺だけやねん)と思えるようになりました。

 

凄く小さなことなんですけど、自分にとってはそんな敏感だった考えが

そのぐらいいいや。と捉えられるようになったことは大きな変化でした。

 

 

◎まとめ

最初に言ったように、この価値観の変化は、場所や人によって人それぞれです。

僕のアメリカ・ルームメイトとの生活という環境だから、こんなことを感じることができました。

 

違う地域に行けば、感じる価値観の違いや得られるものは違うと思います。

 

これから留学に行く人がこの記事を読んで、自分はどんなことを得られるのかと、そんなことを想像して英語の勉強に励んだり、夢を膨らませてもらえたら嬉しいです!