Takaのアメリカ留学日記

2019年8月からアトランタに交換留学。アメリカ生活・社会学で学んだことから「自分らしく」生きることについて気ままに書いています。

【アメリカ留学】人生初の自炊生活、料理未経験の男飯!

この記事では、アメリカ留学中、家で料理したのは冷凍食品ぐらいの男子学生が

どんな食生活を送っているのか、また毎日自炊生活で身に着けた男飯を紹介します!

 

 

◎自炊はとにかく痩せる!

f:id:tgsu826:20200124043254j:plain

アメリカにいるとジャンキーなフードが本当に安くて、逆にヘルシーなフードが高いことが多々あります。例えば、日本よりもデカいピザハットのLサイズはたった$7(約800円)で食べれちゃいます。

留学当初、授業や就活でてんやわんやの時、ご飯を作る時間がなくてそんなジャンキーな食べ物なかり食べていると、太る太る。そして、食べ物の栄養の偏りが多いせいか目まいがよく起こっていました。

 

そこで始めたのが自炊!日本では親の脛をかじり続けていたので、正直お米の炊き方すら知りませんでしたが、自分のためにもと自炊を始めました。すると痩せる痩せる、かつサバイバル能力がついてきました笑

ミールプランを取っている友達がいますが、バイキング制なので食べ過ぎて二重顎になっている友達もいます笑

 

◎買い物事情

アメリカではウォルマートやクロガー等々大きなスーパーマーケットチェーンが豊富にあるので、そこで買い物をするのが基本です。

僕の基本的なルールは2週間単位で買い物にいって、予算は$40。

物価によるとは言え少ない方ですかね?

元々間食は取らないので買いませんし、先に買うものを決めて無駄な買い物をしないようにコントロールしています。

 

自分で買い物をすると気になるのが賞味期限。特にお肉は気になりますが

そこで役立つのが、フローズンチキン!ウォルマートで買えるんですが、5kg$20。

1カ月ぐらいもつし、筋トレ後のタンパク質摂取に最適なので、特に男子にお勧めです!

f:id:tgsu826:20200124043233j:plain

 

◎海外文化を取り入れよう!

自炊を始めた当初は、ひたすらパスタを食べていました。カルボナーラかボロネーゼの2択。そんな中でブレイクスルーになったのが、ルームメイト(イギリス人)の料理!

・ポリッジ

f:id:tgsu826:20200103060645j:plain

アメリカではオートミールと呼ばれています。

【材料】

・ポリッジ

・牛乳

・シロップ

・シナモン

【作り方】

1.ポリッジと牛乳(1:1の割合)を鍋に入れて、中火で温める

2.ぐつぐつしてきたら、スプーンでかき混ぜる

3.1分ぐらいかき混ぜたら、シロップとシナモンを入れて、再度かき混ぜる

4.ドロッとしてきたら完成

※常に中火、常にかき混ぜてください(ルームメイトの教え)

 

・ベーグル(ピーナッツバター)

f:id:tgsu826:20200124043003j:plain

(写真悪いですが、めちゃくちゃうまいです!)

【材料】

・ベーグル

・バター

・ピーナッツバター

【作り方】

1.バターをフライパンにまんべんなく広げる

2.ベーグルを割って、接着面をフライパンで焼く

※この時、ベーグルをフライパンの上で回すのがお勧め

3.焦げ目がついたら、その面にピーナッツバターを塗って完成

※フライパンの上で回すのがドイツ人の友達曰く必須笑

 

 

この2つは僕がよくする朝・昼ごはんです!

どちらも3分ぐらいあれば作れるので時間がないとき、さっと済ませたい時は

ぜひ実践してみてください!

 

◎結局行きつくのは日本食

朝・昼に海外の料理を食べても結局食べたくなるのが日本食

アメリカのスーパーにもお米は売っていますが、はっきり言ってお米じゃない笑

日本のお米が食べたくて、アメリカにある日本食のスーパーマーケットに時々行きます。値段は少し高いんですが、背に腹はかえられないと日本米(4.5kg,$20)やうどん、焼きそばなんかを買っています。

 

経験してみて「食」って本当に大事だなと思います。3日や5日の海外旅行でさえ、帰る時に日本食が食べたくなるのに1年間となるとやはり精神的なストレスは無意識にかかっていると思います。なので値段は少し上がりますが買うことをお勧めします。

 

◎お米は鍋で炊ける!

料理したことない僕としては、お米は炊飯器でしか炊けないという感覚でしたが

鍋で炊けます!料理経験のない僕でも出来たので皆さんも大丈夫です!

 

【方法】

1.お米を鍋に入れて研ぐ(4回ぐらい)

2.強火で2分(だいたいグツグツなるまで)

3.蓋をして中火で6分(泡が吹いてきたらいい感じ)

4.蓋をして弱火で7分

時間はおおよそです。

何度か失敗したことが僕もありますが、僕の経験則、中火で泡が吹いてきたら、失敗することはありません。

f:id:tgsu826:20200124043127j:plain

 

僕はしていませんが、弱火の後に火を消して置いておくと、よりおいしくなるとか。

 

◎日本から持っていくべきもの!

実際に自炊生活をしていて、これがあると便利!と思ったのが

・だしの素

f:id:tgsu826:20200124043200j:plain

留学に来る前に先輩からもらったんですが、これの使い勝手の良さが素晴らしい!

チャーハンに入れたり、パスタに入れたり、色々なものに使えるので持っていくことをお勧めします!

 

・お茶パック・味噌汁

100均で売ってるお茶パック・味噌汁でいいんですが、これがあるだけで

リラックス出来ますし、心の安定が保てます笑

 

カップラーメン

カップラーメンは日本が生んだ神です。笑

アメリカにも「チキンラーメン」と呼ばれるものがあったりますが、全く違います。

お腹に食べ物を入れる目的でしか食べません笑

ちなみにアメリカの場合だと、肉のエキスが入っているだけでも持ち込みできないので

カップラーメンはシーフードを選びましょう。

 

◎結局量重視の男飯

それでは最後に、僕が実際に食べている男飯を紹介します!

僕の部屋には電子レンジがないですし、作り置きはしてません。かつ量重視というのは踏まえてごらんください笑(材料は目分量です)

 

カルボナーラ

【材料】

・ベーコン

・たまねぎ

・パスタ

・パスタソース

・塩

【作り方】

1.パスタを半分に折って塩を入れて鍋でゆでる(半分の方がゆでやすい)

2.玉ねぎとベーコンを切って、フライパンで炒める

3.フライパンにパスタソースとパスタ汁をスプーン2,3杯入れる

4.パスタを食べて好みの柔らかさになったら、フライパンに入れて混ぜて完成

 

f:id:tgsu826:20200124043327j:plain

・トマトパスタ

【材料】

・なす

・たまねぎ

・パスタ

・鶏肉

・パスタ

・パスタソース

・塩

【作り方】

1.パスタを半分に折って塩を入れて鍋でゆでる(半分の方がゆでやすい)

2.玉ねぎと鶏肉を切って、フライパンで炒める

3.フライパンにパスタソースとパスタ汁をスプーン2,3杯入れる

4.パスタを食べて好みの柔らかさになったら、フライパンに入れて混ぜて完成

 

f:id:tgsu826:20200124043344j:plain

・照り焼きチキン丼

これは説明するまでもないんですが、チキンを炒めて照り焼きソースをかけて、ご飯の上で乗せて完成です笑 照り焼きソースはどこのスーパーでも売っています!

 

f:id:tgsu826:20200124043403j:plain

◎まとめ

以上、アメリカ留学の自炊未経験の男子学生が送る料理事情&男飯メニューでした!

寮生、自炊生一緒に頑張りましょう!