Takaのアメリカ留学日記

2019年8月からアトランタに交換留学中。留学生活について気ままに書いていきます。

【英単語の覚え方】アメリカ留学真っただ中の僕が送る最強の英語勉強法!

今回は留学真っただ中の僕がおすすめの英単語学習について紹介します!

f:id:tgsu826:20200122090748p:plain

正直僕は英語の勉強の中でも、英単語学習が一番嫌いでした。

理由は単純に面白くないし。

大学受験でも留学準備のTOEFLの対策でも1番苦しかったのは、やっぱり単語学習でした。

単語学習は最後に回して、ReadingやListeningをして、最後時間が余ればやろっかな~ぐらいの感覚で逃げ回っていました笑

 

だいたい、単語帳を買って「よっしゃ!今日からやるぞ!」から始まり、

途中で、残りのページ数の多さに「まだまだあるやん。」とやる気が失せ

数か月後に単語帳をまた開き、「よっしゃ!改めてやるぞ!」と

最初からスタートして、前回やったところをやるという、いつ最後のページを見ることになるのかわからないような勉強でした笑

 

そんな僕ですが、実際アメリカに留学して毎日英単語は勉強するようになり、着実に英語力の伸びを実感しています!

 

なぜか?

 

留学生活をする中で、

  • 英単語学習で何が必要で何が必要じゃないのかを認識出来たこと。
  • 英単語学習をするためのシステムを自分の生活に組み込めたこと。

の2つがあります!

 

この留学を通して得た、俺的【英単語学習法】を紹介します!

 

 

◎理解すべきはActiveかPassiveか

f:id:tgsu826:20200122092437p:plain

アメリカで英語を話していると気づいたこととして、

会話で使う単語】と【文書で見る単語】に違いがありました。

 

例えば、日常会話の中で“gonna go (going to go)”, "kind of" をよく使う一方で

それらを文書の中ではほとんど見ません。

一方で、Readingの中で見る"exclusive","satisfuction"といった単語を日常会話で

使うことはほとんどありません。

 

英語教師のアメリカ人の友達に聞くと、これは

Active(会話で使う)”か"Passive(文書で使う)"の違いだそうです。

 

ここから言えることは、

自分の英語を勉強する目的によって、あるいは覚える単語数の目標を決める上でも、学ぶべき英単語を見極める必要がある!ということです。

 

例えば、英会話がしたい人にとって、勉強すべきは明らかにActiveですよね。

なぜならいくらPassiveの単語を知っていても、話す時にそれはほとんど使えないからです。

また単語を2000単語覚えるなら、それはActiveなのか、Passiveなのか?

重点的に覚えるべきはどっちなのか?を考えるとより効率的に、かつ成果をより早く実感しながら英単語学習をすることが出来ます!

◎英単語帳は何を選べばいいのか?

f:id:tgsu826:20200122092501p:plain

この"Active"と"Passive"を考えた上で、次は実際にどの英単語を選べばいいのかという話。

ここに関しては僕の経験則で使ったことがある単語帳内での話をします。

 

・受験の単語帳は半分ずつ

受験期に使っていた、【駿台のシスタン】は今思うとActiveとPassiveのバランスが良い参考書だったと思います。高校の英語の授業でも使えるように、Activeな単語もあれば、受験(Reading)で頻出するPassiveな単語まで、授業と受験のバランスをうまくとった単語帳です。

受験期に使う【キクタン】【ターゲット】も目的は【シスタン】と同じなのである程度同じ割合だと思います。

 

TOEFLの単語帳はほぼPassive

TOEFLの参考書で有名な【英単語3800】。これにだいぶお世話になりましたが、これは完全にPassive!TOEFLのテスト自体が完全に大学の授業に照らしているので、内容はかなりacademicでPassiveです。TOEFLを受ける人はこの単語帳は鉄板なので迷ったら、ぜひお買い求めください。

 

・Duo3.0はActiveが多い

TOEFLが終わってから使っているDuo3.0。例文に5~6個の単語がピックアップされて、センテンスで単語を覚える単語帳です。これは留学前半でよく使っていたのですが、実際に使う単語が豊富に収録されていて、Activeなワードが多いです。

 

・最もactiveな単語帳Distinction

この単語帳はYoutuberのAtsuさんが出版された単語帳で、Atsuさんが実際にオーストラリアで生活する中で学んだネイティブが使う表現が凝縮された最もActiveな単語帳です。今は僕もこの単語帳を使っていますが、実際に友達との会話で出てきたり、ルームメイトにこれ使う?って聞いたら、使う!使う!と喜ばれる程に収録されている表現は実用的です。ついこの前、最新版の発売が発表されたので、ぜひチェックしてみてください!

 

・自分の英単語学習の目的によってActiveレベルを調整

こんな風に実際に英単語帳によって、英単語のActive度は変わってきます。ただ、単語帳を見比べただけではどれがActiveかを判別するのがわからない場合もあるので、上記を参考にしてもらい、実際に書店でどれぐらい使えそうか?という観点で見てもらえるといいかもしれません。

Readingを極めたいのか、英会話を極めたいのかによって自分に合った英単語帳を選んでみてください!

 

◎最強の勉強法は〇〇×〇〇

単語帳を選んだところで、ここで本題【英単語の覚え方】について!

f:id:tgsu826:20200122092531p:plain

冒頭に書いたように単語勉強嫌いの僕がどのように英単語を習得し、着実に英語力を伸ばしているのか。

結論 継続×主体性

僕が辿り着いた答えは、【継続×主体性】です。

・結局 【継続】毎日するだけ、ただ。。

結局、毎日やらなあかんのかい。と過去の自分が言いそうですが

どんだけ考えても、一瞬で英語が出来るわけではないですし、出来るならみんな英語ペラペラなはずですよね笑

 

英語力は階段だ

と大学の先生からずっと言われていて、ずっと地道にやって急に上のレベルに上がる時が来て、また地道にやって急に上のレベルに上がる時がくる、だから上がる時まで地道にやることが大切だよと。

 

それは僕も実感値としてあって、留学4カ月目自分の中で急に英語が聞き取れたり、色々な表現が口からポンポンと出てくるのを感じた瞬間がありました。そして今は地道な時間です。毎日コツコツ地道にやって、また次のステップに上がれる時を待っています笑

 

・【継続】続けるにはシステムがいる

システムってスケジュールやろ?そんなこと知ってるよと過去の自分がまた言いそうですが、

継続のためにスケジュールを立てたり色々したけど結局続かなかった過去の僕に言いたい!

甘すぎる!システムが甘すぎる!

 

結局英語は継続しないと伸びない。じゃあ、継続するためにどうするか?

僕のような苦手から逃げたくなる人がやるべきは1つ。

習慣にするためのシステムを作ってしまうこと

 

僕が具体的にやっていることは、

朝起きてから英単語20単語を1周するまでその他のことはやらないこと

この仕組みを自分の生活習慣に組み込むことで、これをやらないと全てが始まらないので僕は何よりもまず英単語学習を朝にします。

そして、これを毎日やっていると、これをやらないと朝が始まらない気分になるので逆に気持ち悪くなります。こうなってくるとしめたもの、苦と感じずに英単語学習をすることが出来ます。

 

◎【主体性】作り出せ!

そして、もう一つの方法が主体性。なんのこと?って感じなんですけど、

単語帳の勉強をする時、僕がするのは

 

・単語を見る・口に出す

・意味を見る・口に出す

・例文を見る・口に出す

・自分で文章を作り出す!!!!!!

 

最も大事なのが最後の【文章を作り出す】!

 

これは正直超簡単な文章で大丈夫です。

例えば、“Apple”⇨"I have an apple and orange."とか。

本当にこれだけでOK!

ただ重要なのは、自分で!!作り出すこと。

例文を参考にしながら、でも自分自身で文章を作ってください!

 

自分で作り出すことで、どんなシチュエーションなのか、何と一緒に使うことが出来るのかを考えることに意味があって、

同じシチュエーションが来た時に使うこと出来て勉強のモチベーションが上がりますし

何より定着力が半端ないです!

 

目的は自分で作り出すことなので、本当に簡単な文章です。

自分の経験としては、これを続ければ続けるほど、勝手に文章が長くなってきたり、一人二役で文章を作るようになってきて、より実際に使える表現として自分のものになっていきます!

 

◎まとめ

今回は【英単語の覚え方】でした!

僕もまだまだ英語学習の道半ばですが、留学生活で気づいた英単語勉強法が皆さんの気づきになればと書いてみました!

初めてこんなに長い文章を書いたので、正直自分でも驚いています笑

 

ぜひ今回の方法を活用してみてください~

それでは!