Takaのアメリカ留学日記

2019年8月からアトランタに交換留学中。留学生活について気ままに書いていきます。

【社会学コラムNo.8】夫が家事をしてくれません! in USA

今回は社会学コラム第8弾家事編

前回から始めた「男女格差」、その中でも今回は「家事」に注目していきます!

 

皆さんの家では誰が家事をしているでしょうか?

どれぐらいの割合で家事を家族で分担していますか?

f:id:tgsu826:20200115055849j:plain

 

◎どこの国でもやっぱり家事は女性の仕事

日本では「専業主婦」という言葉があるように、家事は女性の仕事のイメージが強いですよね。

アメリカでは一般的に女性と男性の家事の仕事量には約2倍の差があります。

Average hours per day men and women spent in various activities

 

他にも

イギリスでは、女性が男性の60%多く無給労働(家事)をしている。

https://www.ons.gov.uk/employmentandlabourmarket/peopleinwork/earningsandworkinghours/articles/womenshouldertheresponsibilityofunpaidwork/2016-11-10

スウェーデンでは、女性が男性よりも毎日45分多く家事をしている。

https://www.scb.se/en/finding-statistics/statistics-by-subject-area/living-conditions/living-conditions/the-swedish-time-use-survey/pong/statistical-news/the-swedish-time-use-survey-2010/

という調査結果があります。改善がされてはいるものの、やはり「女性が家事をすること」は多くの国で共通にある考えのようです。

 

◎結局1番家事をしないのは既婚男性

ある調査では、

既婚・未婚すべての男女を調査した所、1番家事をしないのは既婚男性という結果が出ました。

 

授業でこの話を聞いた時、ほとんど驚きはしなかったですし、思っていた結果でした。

やはり、アメリカでも家事はお父さんではなく、お母さんのものです。

f:id:tgsu826:20200115055909j:plain

 

ちなみにですが、Feministの妻の家庭の場合、女性の家事時間は減る一方で

男性の家事時間は同じなので、その家庭の家事レベルは平均以下になるそうです。笑

 

◎なぜ女性が家事をするのか?

授業では大きく2つ理由が取り上げられました。

1.社会化

f:id:tgsu826:20200115055929j:plain

これは性別に関する期待です。社会的に男性が外で働いて、女性が家事をするべきという社会の期待がそれぞれの考えに影響を与えています。

育休を取る男性が少ないのは、会社や社会で「なんで奥さんがやらないの?」と

男性・女性それぞれに社会が期待しているものがあることから起こっているというわけです。

2.給料

f:id:tgsu826:20200115055823j:plain

男性と女性の間に給料格差があるので、男性が働きに出て、女性が家事をするという考えです。

ちなみにアメリカでは、“81 Cent to dollar”と言われていて

男性が1ドルもらえた場合、女性は81セントしかもらえていません。

これは男性が10000万もらえたとしたら、女性は810万円ということですね。

これでもかなりの差ですが、以前よりかはこの差は縮まっています。

 

◎子供の頃からすでに男女格差は始まっている?

賃金格差や家事等、大人になるにつれて様々な男女格差が問題視されますが、実は子供の時点で男女格差は始まっています。

 

f:id:tgsu826:20200115055802j:plain

Maryland Popular Research Cenetrの調査では

15歳から19歳を対象にした調査で、男の子は平均1日30分家事をするのに対し、

女の子は平均1日45分家事をしています。

https://www.popcenter.umd.edu/news/news_1500574447256

 

時間だけでなく、驚くことに賃金においても大きな差があります。

 

Busykidの家事に対するお小遣いの調査では、

男の子は週に$13.80もらえるのに対し、

女の子は週に$6.71しかもらっていないという調査結果があります。

https://busykid.com/2018/06/gender-pay-gap-starts-with-kids-in-america/

 

お手伝いをしている時間が長いのにも関わらず、お小遣いは女の子の方が少ないという

現象が子供の時点で起きているのは驚きですよね。

 

◎日本は男女平等後進国

授業を聞いている時、アメリカの賃金格差に驚いて、「そんなまさか」と思いましたが

調べてみると日本はもっと賃金格差がありますし、家事においても女性優位が強いんです。

 

OECDのデータでは、女性の賃金は男性の75.5%。

つまり

男性が100円稼げば、女性は75円しかお金を貰えていないんです。。

 

しかもこれは主要先進国の中で、かなり後進的な状況です。

ただ、フルタイムで働く女性の賃金はここ数年上昇し続けているので状況は改善されつつあります。

 

6歳未満の子どもをもつ夫の家事・育児時間のグラフ

(引用元:内閣府 https://www8.cao.go.jp/shoushi/shoushika/data/ottonokyouryoku.html)

 

さらに、家事においても、割合はかなり女性優位です。

 

正直この日本の現状を理解せずして、アメリカの現状を見て「これはないな」と思っていましたが、日本の方がかなり「これはないな」の現状でした。

 

◎まとめ

家事から見る男女格差はいかがだったでしょうか。

アメリカや諸外国を見ることで、見える日本の現状。今回の記事を通して、気づきや日本について少し考えるきっかけになれば嬉しいです。